お問い合わせがありました♪

2020年06月21日

こんな編成で、こんな曲が弾いてみたいのですが・・・
習い始めたばかりの初級でも、弾けるでしょうか
・・・等々のご質問を頂きました♪

楽譜を販売、または、出版しているところへ問い合わせてはいかがでしょうか?たとえば、正派で扱っている楽譜であれば、
正派邦楽会の事務局
TEL.03(3268)2965

や楽譜を出版・販売している大日本家庭音楽会へメールするとか教えていただけて、楽譜も求められますよ!音源があれば、そちらも購入できます。

・・・以前、うちにお稽古に見えられた方が、お持ちになったのは、全部コピー譜で、大変驚いたことがあります。
著作権がありますので、楽譜をコピーするのはいけないのですよ!と、お話いたしましたが。

まずお求めになって、(その上で、目が悪い等の理由があれば、拡大コピーをおすすめしますが)勉強する事は、自分の人生を深めることですから、後々、自分の財産ですので、楽譜は大切に扱って欲しいと思います。

楽譜にも、演奏曲にも、貴賎はないのです。

自分の中でへんなランクづけは、やめて、美しい音で、仲間と楽しい時間を切磋琢磨して自分の人生をさらに豊かになさってください!頑張ってね!

いまの情報を

2020年06月15日

音楽院のことも正派邦楽会のことも  現在の情報を調べるには、

正派邦楽会 ホームページを見てくださいね。

ご注文やわからないことは、「お電話で!どうぞ」と事務局でおっしゃっていました。

時間は、平日の午前10時から、午後5時でお願い致します。
よろしくお願い致します。

お箏の演奏会の写真です。

2020年06月08日

お箏の演奏会って、どんな感じなのですか
と、よく聞かれます。一般の方は、
イメージが難しいのかもしれません。
お琴が、50~100面(台)
並んでいる舞台を想像するのは、
むずかしいですね。
この写真は・平成26年5月国立劇場での、全国から優秀な子供たちが出演しております。それはそれは立派な演奏です。うちの生徒さん方も、毎年、張り切って出演させていただいております。毎年、ご家族も心待ちにしている演奏会。もちろん出演の子供たちは、最高の舞台で輝いておりますよ!このような機会をいただけますことで、子どもたちの夢が広がり、実力も身についてゆき、頼もしく成長されています。

 

こちらも、大変すばらしい舞台でございました。私も出演させていただきました。感動の一日!

思い出の写真ですが、
こんなかんじです。
51e383bb6e69c88昭和51年・6月 茨城県民文化センター大ホール(水戸)
茨城県三曲名流大会のひとこま
私も、親先生と社中の皆さんと出演しています。

 

51e383bb7e69c88

 

     昭和51年・7月 東京・日刊工業ホール
正派邦楽会 関東支部主催
「ゆかた会」

51e383bb10e69c881

昭和51年・10月
虎ノ門久保ホール
正派関東支部主催

以上 昭和51年の思い出です。

演奏会が続くと、自分の勉強の他に、出演者全員で合奏練習を最低でも3回はしますから、時間も体力も大変ですが、より良い演奏のためには、欠かせない作業です。

演奏会の準備・指導の中心となる方々は、本当に寝る間もないくらいの大変さです。
たくさんの方々のおかげさまで、勉強の場を頂きありがとうございました。
親先生には、
本当にたくさんの演奏会に出演する機会をいただきありがとうございます。
心より御礼申し上げます。

(2009年 記載、2020年追記)

正派音楽院の思い出

2020年06月07日

進路のことで 父に相談した時に
「なんとなく大学に行くよりも
自分が一生、好きでやってゆけるものを
身に付けるほうが、今は大事なのではないか
そういうものを 学んだほうがいいのではないか 」と

普通の高校生で運動部の私が、
何か、身に付ける・・・ うん・・・?

好きなこと!
中学生のころから習っていた お箏
・・・心に引っかかったのは、お箏 だけでした。

すぐに親師匠の中久木雅曠瑶先生に相談
そうして、それから始まる 長い道のりへ

「正派音楽院」受験・入学・卒業 現在に至ります。
中久木先生のおかげさまで
こんな幸せな世界の一員となれました。
ありがとうございましたm(..)m

 

教則本について

2020年06月04日

皆さまはどのような教則本をお使いですか?

各会、各流派でいろいろな教則本をお使いになっていると思いますが、今回ご紹介する教則本は、初心者の(新入会者用)ではなくて、先生用の「箏の教則本」です。

k1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく「基本ができている」とか「基本がなっていない」とか言われますが、先生として知っていたほうがいいことばかりなのです。

やさしい言葉・明確な言葉で、正確に書かれています。
箏の歴史・箏、琴について
楽器各部の名称や付属品など
箏の音階と調弦(を五線譜で表示)
楽譜の(五線譜表示)まで

他流派の楽譜を見て知る。
楽譜の記譜法の違いが、音楽の違いではありません。

箏は移調楽器であるため、必ずしも五線譜表示が最適ではありませんが、小中学生の指導をするときなど、子供達がすぐ理解してくれます。

また、地元の他流の先生方が協力してイベントなどを行うときも、どの楽譜を使うかでもめないように、曲によっては五線譜もあり・なのでは ・・・

この教則本では、「六段の調」を目標に
そこまでで、基本的なこと・・・!
(★大切なこと)が書かれています。

もちろん、テクニック・実技は優れた指導者に指導を受けるのが一番の早道ですが。

指導する側になっても、自分を磨く教則本をどうぞ身近において、研鑽に励んでくださいませ。

著者は、
(社)日本三曲協会 指導研修部
発行者は
(社)日本三曲協会 (電話)03?3585?9916
値段は、¥1.000円  プラス(送料)プラス「税 」

<まえがき>
「学校で指導にあたられる先生方の一助にでもなれば・・・」
「箏曲界には現在、生田流と山田流の二大流派があり、それがいくつもの系統に分かれています。

そしてそれぞれに独自の稽古法をもち、
使っている楽譜もいろいろです。
しかし、稽古の基本に関することでは
いずれも大きな違いはありません。

本書は基本を覚えていただくためのものですから一部の会派に片寄ることなく、広く共通に使用できるように配慮したつもりです。

楽譜については、六段の調を目標にその後はご自分の考えで古典なり、新しい曲なりへ?」

2009年 記載

お琴・お箏を習いたいと思っている方へ

2020年05月23日

お琴習いたいな?と思っても、どこへ行けば習えるのか?

wpid-dsc_1480.jpg

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしい指導者の先生方が、

きっとあなたの身近にいらっしゃいますよ!

・・・

大変多くの方々がすでに箏曲を長年に渡って学び、その膨大な曲数を習得し、立派な生徒さんを育てています。

 

<どうしたらいいか わからない人へ>
まず、お稽古がしてみたい方は、体験教室などへ行ってみる。

文化祭、コンサートなどへ行って聞いてみるなど先生を選びましょう。

 お稽古に通う場合、自分がコンスタントに通える場所日時を考え先生とご相談しましょう。

長いお付き合いになるのですから、無理なく続けられる方法を考えましょう。

もちろん、お月謝の件もきちんと聞きましょう。

お琴のお稽古を始めるには必要なものがあります(何でも最初は同じかと思いますが)

・初回入会金・月謝のほかに
・お爪(自分用)プラスチック¥2000円~象牙¥5000~10000円くらい。

良いものは、音が良いのですが、まずは、お安いものから始められてもいいのではないでしょうか。

・入門練習曲集や教則本は600~2000円くらい。

自分で持っているものがあれば、お持ち下さい。(使えますので)

はじめから名曲や難しい曲のお稽古は無理ですから、はじめはきちんと習って1つ1つ習得してゆくことです。

(知らないことを知ってゆくのは、楽しい興味深いことですよね)

 

現在、お琴・お箏(箏曲)は山田流と生田流の2つに大きく分かれています。

2012061417480000.jpg

おつめの形が違うだけでなく、そこで習得する音楽の種類(曲)が、違うのですよ!

どちらが、優れているとかどちらが・・・ということではなくて、違う音楽!ということ。

どちらも素晴らしいのです!

自分が、どんなことを習いたいのかは、習ってみないとわからないので、まず、始めてみてはいかがでしょうか。

習ったらどういうことをしたいのかとか希望のある人は、先生と話し合うことが大切かと思います。

 

楽譜は、その会によって違う書き方が使われていて、統一した楽譜がないので、1つの楽譜屋さんに全部の楽譜が置いてあることがないのです。

楽譜を見て、自分が選んで、「この曲のレッスンを受けたい」というようになるには、ある程度時間がかかります。が、この曲が弾きたいとか、希望はお早めにお伝え下さい。

目標にできるだけ早く近づきましょう。お箏のお稽古を通して、自分の生活にハリができますよ。

また、そこで出会いもありますから、楽しいお仲間と過ごせるのではないかな?

私の学んできた道「(財)正派邦楽会・せいはほうがくかい、中島靖子家元」は生田流です。

家元先生は「世界に誇る音楽」として、箏曲・邦楽をとらえているので、無限の演奏曲が待っています。

生田流には、他にも立派な指導者のもとに、会・会派がたくさんあります。

何が違うのかというと、お稽古を受ける側から言うと音楽性・カラー!習得曲・レパートリーと申しますか!

ですから、その会の初心者・中級者は、古典が中心のお稽古なのかその、会の代表・会主の作曲を中心に学ぶのか、明治からはじまる近代・現代曲が学びの中心なのか、何年ごろのレパートリーが中心となるのか、それが、大変重要な違いかと思います。

received_892643377521914.jpeg

(現在は勉強の仕方も、CD、カセットテープ、DVD、PC(ユーチューブ)などでお手軽に音源を聴くことが出来ますし、楽譜もインターネットで申し込めるし、邦楽の演奏会も連日のように開催されています。)

1番のおすすめは、演奏会に行くことです!

どうぞ、会場にて生の音を音楽を聴いてくださいね。

ですから、その会の演奏の特徴となる、音色、つまり音楽!を聴きに、ぜひ演奏会に行ってね。

人から人へ、長年をかけなければできない伝承するということが、行われ続けてきたことが、邦楽の世界の本当に素晴らしいことだと思いますね。

音楽から、自分が生まれる前の時代の空気感を感じることもできます。

うた・地唄三味線・17弦も習えるのか も ポイント!かと思います!

お琴のお稽古は「曲を習うこと(演奏を学ぶこと)」と、和楽器は音を出せるまでにする「楽器の扱いを学ぶこと」が重要なポイントとなります。

続けることで、曲・演奏の勉強と楽器の扱いも上達してゆきます。

また、演奏会で発表することなどで、達成感や普段と違った緊張感を味わったり、社会貢献ができたり、他の人と協力して、知らず知らずにさまざまな学びをすることができます。

春の海の演奏です

本人の希望で「人前で発表するのは苦手なので、お稽古だけでも、よろしいですか 」という方もいますし、もちろんOKです。

続けていくことで、そこから夢が広がり、やりたいことなどの目標と申しましょうか、意欲が育ち自信が自然に身についていくように感じます。
体験教室でお待ちしています!どうぞおいでください!

2012062213330001.jpg

お稽古は、笑顔でプラスになる学びあいをいたしましょう。人生を磨く時間ですものね。

畳の部屋に正座するのが不安と思う方へ、当方はイスに座ってのお稽古です。


はじめの一歩を踏み出してみませんか!

いろんな楽譜があります

2020年05月21日

200906051757_2.jpg

箏譜のほかに 五線譜もあります。
尺八の場合も、尺八譜の他に五線譜の楽譜もあります。

暗譜 あんぷ 演奏について

2020年05月16日

暗譜・・・

みなさん いつも 苦しめられていますか
それとも  何とは無しにやっていますか

古典の暗譜ができなくて、正派音楽院時代に中島靖子院長先生にお聞きしたことがありました。

「どうしたら、古典のアンプができるようになりますか」

目からウロコですよ?
「前弾きは、何回も練習するから、知らず知らずに覚えられます。

しかし、演奏が始まると、すぐに前のほうは終わってしまい、演奏しながら、だんだんと不安になってきます。

暗譜は、まず、覚えやすい合いの手や歌と歌の間の手の部分などから覚えて、後歌の最後から、確実にしてゆく。

そうすれば、弾き始めて途中で何があっても最後は不安がないので、自信を持って演奏して行けます。」

前歌のほうで悪戦苦闘していた時期でしたので、目からウロコでした!

つまり、弾けもしないうちから、暗譜しようともがいていたので、当然できないわけで、まずは、丁寧な勉強をして、らくらく全体が弾けて、音楽的な意味を理解して弾く!
次に、暗譜!という段階が見えてきます。

何の段階も経ず、音楽的な理解を学ばないで、楽譜のみアンプしたところで、浅い演奏になります。

でも、アンプしなければならないと思うと、たくさん弾くことになるので、力はつきますね。

レッスンでは、「音楽のことば」と呼んでいますが、1つの音楽的なまとまりを、とらえることから勉強します。

古典は、自分のパートだけでは、全体像はわかりません。
歌を歌い、三味線や尺八と合奏しながら、
曲の色、香、雰囲気、景色、季節や人々の様子・・・
曲の時代背景を学び、作曲者による音楽の違いを感じ、演奏者同士の呼吸を感じ、一緒に作り上げるおもしろさをわかってほしいです

「先生に習う必要などない!楽譜を取り寄せ、音源(CDなど)買えば、なんでも、弾ける」・・・といった大人がいて、驚いたことがあります。
確かに、趣味で楽しむサークル活動であれば、ご自由に楽しめばOK

私は、師匠に習う意味は、ずっと昔=平安(奈良時代 )の昔から、人から人へ伝えられた「音の価値」を自分の体に伝えてもらうことにあると思います。長い時間がかかります。

それを学ぶことを知らない人は、それでいいのです。
みなさん、難しく考えずに、自分の生活スタイルに合わせてできる範囲で、どんどん楽しんでください。

でも、もし、長く学べる恵まれた環境にある人は、どうぞ、じっくり取り組んでくださいね。そして、その音を後進に伝えてください。
そうやって、人から人に何百年も、伝えて来た音は、深い魅力があります。(それが親師匠です)

「暗譜」・・・自分が苦労した分、生徒さんがたには、知らず知らずのうちに、そのレベルに達するよう指導しています!

音楽を習う意味を考え、音楽的な演奏目指して・・・
より良い演奏ができて、自分を表現してゆけるような演奏めざし・・・

それを指導してゆくのが、指導者の役目ですから。
うちの教室では、なんなくいつものレッスンで、お子様達から、軽々と暗譜しています。

次回は、独奏曲のアンプについて書きたいと思います。
お楽しみに!

自分が常々苦しめられてきた「暗譜!」・・・
らくらくクリアーできる実力を、生徒さんがたには身に付けて、飛躍してもらいたいです。

独奏曲の暗譜について
暗譜ができないとお悩みのあなた、普段どのような練習をしていますか
できないのは、それなりの原因があります。
まずは、それを見つけることから。

 調弦は合っていますか
和楽器は、その扱いができる様になるのに、年季がいります。

箏は、平均率ではなくて、純正律で楽器が鳴るので、チューナーで取ったからOKではないのです。必ず和音であわせ、一番良い響きを感じてください。

特に、(平調子で、たとえると)Bフラット・Eフラット にあたる、四・六(九・斗)の糸はチューナーのメモリで、10セント低くとると、古典の場合、お三弦の響き、尺八の響きと調和します。(平均率にくらべて 半音が低めなのです)

そこを知らないで、いくら演奏を頑張っても、良い三曲合奏にはなりません。
ずっと、ちぐはぐな音が続き、なんだかわからないけど、よくない演奏・・・ということになります。

そんな経験をしていませんか

そんなことから、なんだか自信がない、・・・ などと思い込まないよう、楽器の扱いができるように指導することは、親師匠のみなさん、忘れないようにしましょう。

(昔は、本人が先生の音を聞いて、やっていることを見て、その芸を盗む!が当たり前でした。ですから、こんな指導はけっしてしなかったのでしょうね。)
しかし、今は違うのです。

そのような、良い耳が育つような指導を 心掛けてしていかなかったら、よいお琴弾きは育ちにくいのかもしれません!

☆(西洋音楽の作曲家が(?)西洋の音階で作曲した曲は、その調でちゃんと調和するように、調弦をとります。楽譜が縦譜であっても、(五線譜でなくても)よく考えて、調弦を取ります。

いきなり弾く練習をしないで、楽譜の全体を見ます。
☆この曲は、どんな曲なのか
作曲者の意図は、作曲年代は、どんな時代、作曲の背景となる情報を集めます。
どのようなテクニック(技術)を要求されるのか、どんな主張があるのか等々

☆音楽の構成は、どうなっているのか (楽譜の勉強をしましょう)
音楽の設計図というのでしょうか
テーマソングは 音の形は 形式は 等々

☆ここまで考えると、いろいろな演奏プランが浮かぶでしょう。
そこで、どのような表現が1番ふさわしいのか、どんな音色で弾くのか ・・・・ということで、演奏の練習に入ります

☆その曲にふさわしい調弦を設定(?参考に)します。
良い演奏をするために、良い音を出すために、調弦は大切に取ります。

ここで大切なことは、はじめにテンポの設定(決定)をしてしまわないこと
練習の最初に、このテンポと決めて、いきなりメトロノームさんに登場されると、いまから見てゆかなければならない繊細な大切な部分が、すべて見えなくなってしまいます。注意!

☆ゆっくり、1つ1つのテクニックを1つ1つのフレーズを確認しながら弾きます。

☆1フレーズ毎に呼吸し、手の動きに無駄がないか、雑音は出ないか(早く美しい音で)弾くための段取りを。確認します。ゆっくりと、ですよ!
ゆっくり弾く時のテクニックと、早く弾く時のテクニックは違うので、
手がなれて早く弾くようになるたびに、微調整

☆演奏中の体の重心の位置も、きちんとキープしてね!
それがぶれたら、良い音が出ません!
練習は、全身をどのように使うかの訓練です。手先だけではないのです。

☆常に音楽の構成、フレーズの切れ目、変わり目を意識して、練習します。

☆1つ1つのまとまりが弾けるようになったら、それらをスムーズにつなぐ、1番良い方法を見つけます。

☆このへんで、できない箇所、間違う場所、の原因を究明します。
ただの弾き間違いなら、間違わなくなるまで、ゆっくりから練習します。
それでも間違う場合は、間違う場所、そこだけでなく、その前の部分が、(テンポが上がりすぎるなど)原因のある場合が多いですから、その前の部分から丁寧に見直します。

メトロノームの出番です!一緒に練習してもらいましょう。ゆっくりから開始)反対に、楽譜に書いてあるテンポ以外受け付けない人<どちらも問題!>
演奏の幅を大変狭めています。
メトロノームで、自分の弾けるテンポを知ることから開始してください。

◎何の曲を弾いても同じテンポの人

それでもうまくいかない場合は、使っているテクニックが、間違っている可能性(合っていない)もありますね。先生と生徒の体格も、指の力もちがいますので、弾く生徒の様子を見直してください。
相手が子どもの場合は、毎週成長しますので、はじめは、基本的な動作でOKだったが、練習中に難しいテクニックも身に付けてしまって、驚くときがあります。
余談ですが、学生の頃、毎週のように演奏会に通って、立派な演奏家の演奏を聴きました。そのときは、具体的にはわからなかったけど、すごかった演奏。目の前で繰り広げられた世界に、聴衆としてその場にいた事。
言葉では伝えられませんが、「醍醐味」というのかな ・・・時々、ふと、その一瞬がよみがえり、「そうか、こうやって弾いていたのか!」と、ひらめく時があります。若い方々も、熟年の先生方も、演奏会に行きましょうネ!

☆これで、全体が弾けるようになりましたね。
はい、実力を上げるには、此処からが、大切です。

普段のお稽古では、次々と曲をこなさなければなりませんから、一通り弾けたら次の曲に・・と進みます。
(本人の希望や演奏しなければならない行事がなければ終了)

せっかく弾けるようになった曲も、此処で終わり、もう忘れてしまいます。
お箏のお稽古の1番のネックは、次の曲に進むことのみで、終始していることだと思います
何年習っても、独りで自信を持って弾けるものがない!という人が多いのでは?

私は、レッスンに通ってきてくださる方には、「習ってよかったなあ!」と思ってほしいので、本人がお友達や家族に演奏して聞かせてあげられるように

自分(生徒自身)のプログラムを持つ・育ててゆく」
ということを、心掛けて指導しています。

本人が好きな曲であれば、次の曲に進んでも、レッスンの終わりには、必ず1回弾くなど、本当に本人が、弾き慣れるまで、時間をかけ、細部を磨いてゆきます。

本当になれて、弾けるようになると、
美しい音で弾く、楽譜どおりのテンポをキープし、表現するなどの高い演奏力を身に付けられます。

なによりも、1つの音をちゃんとイメージして、弾いてゆけるようになります
高い音楽性というか、その子の音楽の世界を感じることができます。
(楽器とちゃんと会話して、その音をちゃんと聞いている、若い才能に脱帽です)

一番避けたいパターンは、はじめからじゃんじゃん弾くことのみをして、曲について学ばないで、弾けたつもりになると、大変聞き苦しい演奏で、熱中している本人だけ満足!という、まあ本人が良いならいいか?
・・・どんどん楽しんでください、楽しい曲がたくさんあります!

☆そうやって時間をかけて、細部を磨き、音楽の知識も身に付けてゆくと、本当にセンスの良い演奏ができます。

そうして、あら不思議、ほとんどアンプができていたりします。

ここから、アンプを確実にしてゆきます。

そこで、曲の最後をどんなふうに終わらせたいのか、きちんと暗譜するまで練習して、だんだん前に戻ってゆきます。そうして、はじめの弾き出しを、決定することができます。

全体を通して演奏できるようになったら、
いつも、1回は楽譜をきちんと見て、見落としがないか、考え違いがないか、どうしたいかイメージが膨らんだところなど日々微調整し、よりよい演奏にします。

そこまで、磨くには、何か発表の場(目標)がないとできないでしょうね。
発表の場のある人は、スポーツの選手を思い浮かべてください。
上手に演奏できるようになって、それから、必要なものは、何でしょうか。
・体調の維持
・演奏に向かう自分の心の維持
・気持ちをどんなふうにもっていくのか

・しっかり腰をいれて練習する!

イメージトレーニングは、大切です!曲を磨くこと!

・・・演奏する子供の家族の方には、特に、口うるさく叱咤激励しないで、演奏が終わるまで 静かにしていてください!と
お願いします。そして、出来たか出来ないかではなく、当日ちゃんと演奏し終えた態度を、この成長をしっかり認めてください。と話します。

「あそこが間違った、此処が上手だった」などという、批判はしないでくださいと話します。

ちゃんと演奏できるまでに指導して、本番を迎えますが、おとなでも、こどもでも、
本番は、会場の都合・お客様の都合、体力・体調などといろいろな条件が重なり、
とっさに、何がおこるかわからないのです。想定外のこともありますので、舞台での演奏が、うまくいくには、たくさんの条件が必要なのです。
そこまで、経験しない人には、わからないんだなーと、言わせてもらいます。

どんなときにも、腐らず、あきらめず、姿勢を正して、最後まで良い音で演奏しましょう。

私はいつも、「音楽の神さまがちゃんと聞いていてくださるから、心を込めて神様に聞いていただく、という姿勢で、練習の時から、楽器にむかいましょう」と話します。

苦しいときもあるでしょう。今日はできなくても、毎日その繰り返しです。
そうやって、実力がアップしてゆくと、だんだん、底力が発揮してゆけるのです。

自分自身は、できるようになってゆく自分を感じていますし、
それが積み重なって、引っ込み思案な子が、積極的にチャレンジしてゆく子に
成長して、周りをあっと言わせたりします。

そんな丁寧な練習の積み重ねで、自然に早くアンプもできるようになります!

アンプにこだわらないことも、場合によっては、
不安なく良い演奏をするチャンスです。

演奏内容に、よく耳を傾けてください。

人前での演奏が苦手なあなた!その原因はなんでしょうか
あまりに完璧な演奏をしようとして、息がつまっていませんか
あれもこれも、いっぺんに身に付きません。
どんな課題があるのか?その課題は、どうするとよくなるのかを考え、1つ1つのパーツを、磨くことで、全体のレベルがアップします。
練習の方法を、工夫しましょう。

曲名だけで、ランクづけしていませんか 曲に貴賎はないのです。
1つのフレーズを、歌うこと。1つの音をよく聴くことありますか?

子どもたちには、
「前に練習した曲を演奏する時は、前よりも良い演奏にしてください」と話します。
前に習ったとおりにしないといけないと思うのか、考えずに弾き流すのか、1度習ったものは興味がないのか ・・・つまらなさそうに弾くときがありますから。

音楽に対する興味を、枯らさないようにするには、常に深い知識をひもとき、知る喜びを、演奏技術の向上と共に身に付けてゆくこと。

その技術を人のために役立たせることができる発表の場を持つこと!が大変だけれども、大切に思います。

お琴のお稽古に通っている皆さん、どうか、お家の方やお友達に、お家で普段から、今習っている曲で良いから、弾いて聞かせてあげてくださいね。
あなたが楽しんでいる姿が、みんなの喜び・元気の元となります。

そうして、習っている人みんなが、自分の町のあちこちでさわやかなコンサートを開催してくださると、さらに良い町になるんではないでしょうか
住む人の演奏で音楽があふれるまちかど?♪いいなあ!なんて思います。

何かを学ぶということは、やっぱり、人様のためになることだと思います。

平成24年

2020年05月09日

正派音楽院創立60周年記念祝賀会・令和1年11月

2020年05月04日

令和元年11月10日、楽院長先生を囲んで、私の写っている学年付近の先生方とご指導の先生方との記念写真。うれしい再開の時間でした。にぎやかなおしゃべりが止まらなかったですね。

次のページ »

尺八の吹き方

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別投稿記事

サイト内検索

お客様との通信欄

Pickups