なぜ 続けているのか?(2009記載)

2020年06月09日

なぜ つづけているのか

という質問がありました。

これは、子供たちやお弟子さん方への 筝曲の指導を
続けて来られたのは、誰の協力のおかげであるか

という質問であれば、
もちろん師匠 家族 親戚 身内 近所のお隣さん方 友人たち 仲間たちと お弟子さん方のお蔭様です!

でも、この質問は 違うような

自分の中の何がそうさせているのか
続けずにいられなかったのは
どんな使命感があったのか
なにに対する情熱がそうさせたのか
という質問のような

そうですね、もう人生折り返し地点も過ぎて
ずっと、筝曲の演奏・指導・・・ひとすじです。

「好き」から、はじまった道であっても
ここまで 続けてこれたのは、
正派音楽院での学びの時間があったから。
それが、人生の基盤となった気がします。

故 平井澄子先生に
「筝曲の歴史は
盲目の演奏家の方々が
自分の人生のすべてをかけて
続けてくれたから、
今 現在、私たちが 演奏できるのです。

どうか、皆さんの人生のどこかで
盲目のかた、障害のある方の力となり
この筝曲に めぐり合えた恩返しをしてください。

ボランティアでもよし、
筝曲の指導をするのなら
必ず 後進に この事実を伝えてね。」と
託された、と、思いました。

伝統文化・・・「古い」を続けるのではなく
今生きている人が、
生きた文化を次の世代に伝え
その次の世代が さらに輝けるもの
だから、続いてきたんです。

なぜ、続けているのか
喜びが 感じられることだからでしょうか

人と人をつなぐのは、筝の糸
美しい音色
古典から 現代まで 無限に 広がる世界

この世界を知っていただきたくて
走り回ってきたのです。

私が続けてきた理由
★知ってほしいから!体験してほしいから!★・・・です。

筝曲を学びながら
一人じゃないんだよーお琴さんがついていますよ!
・・・疲れた心を癒して、明日も自分らしく生活しよう♪
なんて、思えたら いいなー

現代に生きる私たちは、
現実の世界も
この筝曲を学ぶ・活動するなかで
人と人とのつながりで
苦しいときも乗り切れる知恵を持っています。

<何を知ってほしいか >
筝曲の魅力(演奏することに対しても、聴くことに対しても)
日本音楽の歴史、理論を学ぶと
興味は 深まるいっぽうです。

最近は、友人たちの音楽活動の中身も興味しんしん!
もちろん 私の(楽しい)活動にも お力添えくださいませ

本当に 師匠・先生・家族 親戚身内友人ご近所・お弟子さん方のみなさまがたのお蔭様です。
ありがとうございました。

尺八の吹き方

カレンダー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別投稿記事

サイト内検索

お客様との通信欄

Pickups